『創造の方法学』

2017年11月20日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

高根正昭『創造の方法学』(講談社現代新書,1979年)

先日未読蔵書の中から取り出してきて読んで見ました。著者は若い頃戦後平和運動の活動家で、その後スタンフォードで社会学を学び、この本ではその時の体験が中心になっています。昭和54年当時なんでこの本を買ったのか忘れましたが多分「創造の」というキーワードあたりに反応して買ったものと思われます。今でこそ社会学といえば統計とか調査とかの手法に基づくものが中心になっていますが、私が学生の頃社会学といえばマルクス社会学が大学では幅を利かせていたと思います。マックスウェーバーの講座もあったのでしょうがそれほど目立たなかったと思います。著者がアメリカに渡ったのはもっと遡った1963年。まだ今のような社会学の枠組みは影も形もなかったに違いありません。そこで社会学の新しい手法に触れるわけです。

この本はある学問の内容が書かれたものではありませんでした。むしろ、著者が体験してきたことが随筆的に書かれていて、それはそれで気軽に読みやすく、現代とのギャップみたいなものも見えてきて面白く思えました。いまではこんなタイプの新書本は成立しないだろうなあとは思います。

アメリカの学生は皆ちゃんと古典を押さえてるなあという印象を持ちました。マックウェーバーやデュルケム、当然ですがトクヴィルなど基本は押さえた上で社会学を勉強している感じがしました。

印象に残ったのはある歴史学の助教授が自分の書いた論文に対し、社会学の専門家としての著者にコメントを求め、著者が思わず「叙述的」という形容をコメントの中に入れた途端、その助教授の顔色がみるみる変わったというエピソード。歴史学とはいえ叙述的という評価は屈辱的だったのでしょう。日本との学問の風土がかなり違っていると思いました。(日本ではいまだに「叙述的」に書かれた本が横行しています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です