『大学で勉強する方法』

2017年9月19日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

A・W・コーンハウザー著 D・M・エナーソン改訂(山口栄一訳)『大学で勉強する方法』, 玉川大学出版部, 1995

元々は1924年にシカゴ大学の1年生へのアドバイスとして書かれた小冊子だったようです。深遠な教訓みたいなものは微塵もなく、学生が具体的に何をすればいいかが、シンプルに書かれています。それがいかに的を射たものであったかは、その後今日まで代々読み継がれている実績からも明らかでしょう。

この本は10のアドバイスで構成されていますが、その中から5番目の「読み方を効率的にするにはどうしたらいいか」について少し。

最初から本を一語ずつ丁寧に読んでいくのは効率が悪いらしく、まずは全体をざっと読んで見るのが良いと書かれています。しかるのちに必要に応じて精度をあげながら何度も読む方が短時間で読めるのだと。(日頃続々と出てくる速読本にもよく書かれているようなことかもしれませんが、これが身につく読書としても良いということですね。)ざっと全体をとらえるにはどうしたらいいか、そしてその後精読するにはどうしたらいいかがポイントごとにわかりやすく示されています。あとは私がここでグダグダ書くより実際に本書を手にとって読まれるのが手っ取り早いです。

で、この本で一番大切なのはそれを実行すること。何も難しいことは書かれていませんから。

原題は”How to Study: Suggestions for High School and College Students (Chicago Guides to Academic Life)”, 1993

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です