『中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)』

2017年9月22日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

國分功一郎, 『中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)』, 医学書院, 2017

先日紹介した「大学で勉強する方法」の手法を取り入れて「ざっと読み」をかけてみました。なので、本の内容をちゃんと理解できた段階ではないと思いますが、とりあえずアウトプットしてみます。

國分さんは主にスピノザを研究している哲学者で、Twitterでも結構発言していて、注目を集めている人のようです。タイトルにもある「中動態」がキーワード。能動態でも受動態でもない態があるらしい。今の我々には能動でも受動でもない態など俄かに想像することも難しい感じがしますが、能動受動の概念は我々の言語に後から追加されたものらしい。そもそも古代ギリシアには「意志」という概念がなかったそうです。「エーそんなこと許されるのか」とびっくりですが、もともと「意志」がなければ能動も受動もないわけです。「意志」がクローズアップされるようになりそれとともに中動態は姿を消したのでしょう。

ところが我々がもはや手放してしまった中動態にこそ本質があるのではないか、というのがこの本のテーマみたいです。中動態という問題提起を行なった言語学者パンヴェニスト、それに文句をつけたジャック・デリダ、意志と選択を区別したハンナ・アレント、「意志」を真っ向から否定したアレントの師ハイデッガーなどが登場します。そしてスピノザの内在論を中動態の視点で見直します。最後にメルヴィルの遺作『ビリー・バッド』論が暗示的に語られます。

以上、「予告編」に過ぎませんが。

『大学で勉強する方法』

2017年9月19日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

A・W・コーンハウザー著 D・M・エナーソン改訂(山口栄一訳)『大学で勉強する方法』, 玉川大学出版部, 1995

元々は1924年にシカゴ大学の1年生へのアドバイスとして書かれた小冊子だったようです。深遠な教訓みたいなものは微塵もなく、学生が具体的に何をすればいいかが、シンプルに書かれています。それがいかに的を射たものであったかは、その後今日まで代々読み継がれている実績からも明らかでしょう。

この本は10のアドバイスで構成されていますが、その中から5番目の「読み方を効率的にするにはどうしたらいいか」について少し。

最初から本を一語ずつ丁寧に読んでいくのは効率が悪いらしく、まずは全体をざっと読んで見るのが良いと書かれています。しかるのちに必要に応じて精度をあげながら何度も読む方が短時間で読めるのだと。(日頃続々と出てくる速読本にもよく書かれているようなことかもしれませんが、これが身につく読書としても良いということですね。)ざっと全体をとらえるにはどうしたらいいか、そしてその後精読するにはどうしたらいいかがポイントごとにわかりやすく示されています。あとは私がここでグダグダ書くより実際に本書を手にとって読まれるのが手っ取り早いです。

で、この本で一番大切なのはそれを実行すること。何も難しいことは書かれていませんから。

原題は”How to Study: Suggestions for High School and College Students (Chicago Guides to Academic Life)”, 1993

Shooting an Elephant

George Orwell, “Modern Classics Shooting an Elephant“, Penguin Modern Classics ,2009

高橋さんが少し前にジョージ・オーウェルの「1984」を紹介されていましたが、そういえば高校の英語の教科書でこの作家の短いエッセイ ” Shooting an Elephant” を読んだことを思い出し、ネットで探して読んでみました(原文がただで公開されています)。お話自体はそう複雑ではないので、英語とはいえ辞書を引き引き最後まで読んでみました。

ビルマは1935年にイギリスのインド領の一部として併合されますが、オーウェルはこの頃このビルマで地方の警官をやっていて、その時直面した小さな事件をこのエッセイで語っています。ある日、象が発情して村で暴れているという通報を受けます。彼がライフルを持って現場に駆けつけると象は正気に戻り穏やかな状態で見つかります。やれやれ、と思って振り返ると2千人からの群衆がいて象が撃たれるのを今か今かと待っているのに気づくのでした…

と書いていくと長くなるのではしょりますが、結局オーウェル巡査は様々に錯綜した群衆心理に巻き込まれて結果的にその無害な象を自分の意思に反して撃ってしまうのです。その辺の細かい事情はぜひ原作を読んでください。(和訳もあります:「象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー)1995/5」)

ここでオーウェルが暗に言いたかったことは、人はいかにして戦争に駆り立てられるかということではないかと思います。戦争の当事者同士は本当に戦争を起こすつもりはなくとも周りの状況が当事者を戦争に向かわせるという、そのメカニズムにオーウェルは自分の体験を通して気づいたのではないでしょうか。

さて、そうなるとこれは他人の話ではなくなります。現に北朝鮮はそういう状態にあるのではないでしょうか。今なおこのエッセイは色褪せずに警告を発しているのかもしれませんね。

(再掲:「放送大学の本棚」投稿記事)

手書きノートの試行

学習するのに手書きでノートを取るというアナログ型がやはり有効だと感じています。最近まで、A4の方眼ノートに2Bの鉛筆で記入し、それをあとでまとめてスキャンスナップでスキャンしてPDF化するというパターンが定着していました。これだとページを入れ替えて編集したり目次をつけたりできてこれをDropboxにでも置いておけばいつでもiPadなどで簡単に参照することができます。

ところが先月iPad Pro 12.9インチ + Apple Pencilを購入したので、ただいまこれを使ってノートをとっていく方法を色々と模索中です。iPadの手書きノートアプリはいくつか出ていますが、どれも一長一短といったところ。今のところ GoodNotes と ZoomNotes を使っています。書く感触は紙と鉛筆に勝るものはないのですが、書いた後の編集の自由度が圧倒的に高い。使っているうちにいずれもっとすごいアプリが出てくることを期待しています。

“Modern Classics Shooting an Elephant“

George Orwell, “Modern Classics Shooting an Elephant“, Penguin Modern Classics ,2009

高橋さんが少し前にジョージ・オーウェルの「1984」を紹介されていましたが、そういえば高校の英語の教科書でこの作家の短いエッセイ ” Shooting an Elephant” を読んだことを思い出し、ネットで探して読んでみました(原文がただで公開されています)。お話自体はそう複雑ではないので、英語とはいえ辞書を引き引き最後まで読んでみました。

ビルマは1935年にイギリスのインド領の一部として併合されますが、オーウェルはこの頃このビルマで地方の警官をやっていて、その時直面した小さな事件をこのエッセイで語っています。ある日、象が発情して村で暴れているという通報を受けます。彼がライフルを持って現場に駆けつけると象は正気に戻り穏やかな状態で見つかります。やれやれ、と思って振り返ると2千人からの群衆がいて象が撃たれるのを今か今かと待っているのに気づくのでした…

と書いていくと長くなるのではしょりますが、結局オーウェル巡査は様々に錯綜した群衆心理に巻き込まれて結果的にその無害な象を自分の意思に反して撃ってしまうのです。その辺の細かい事情はぜひ原作を読んでください。(和訳もあります:「象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー)1995/5」)

ここでオーウェルが暗に言いたかったことは、人はいかにして戦争に駆り立てられるかということではないかと思います。戦争の当事者同士は本当に戦争を起こすつもりはなくとも周りの状況が当事者を戦争に向かわせるという、そのメカニズムにオーウェルは自分の体験を通して気づいたのではないでしょうか。

さて、そうなるとこれは他人の話ではなくなります。現に北朝鮮はそういう状態にあるのではないでしょうか。今なおこのエッセイは色褪せずに警告を発しているのかもしれませんね。