人類文明の黎明と暮れ方

2018年11月6日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

青柳正規『人類文明の黎明と暮れ方』(講談社学術文庫,2018年)
関連科目:『哲学思想を今考える(’18)』など

前の学期で『哲学思想を今考える』を受講していた時、人間の歴史をものすごく引いてみた時どうなるかが気になって読み始めた本ですが、途中でしばらく放置状態になり、また最近になって読書再開してようやく読み終えたのでその記念に投稿します。

この本のオリジナルは「興亡の世界史」という21巻の全集物の一巻(タイトル同名)です。今年それを改めて加筆したものを文庫本化したのが本書です。

人間の文明のスタートは「4大文明」からとこれまで刷り込まれてきたわけですが、その認識はもう過去のもののようです。さらに言えば4大文明を強調するのはどうも日本だけらしい。

文明というものは好環境の下、悠久の時間を積み重ねて出来上がったものでもないらしい。メソポタミアあたりの一連の文明は最初山岳に近いあたりの気候的に好条件の環境から発生したらしいが、人口が増えるとともに南の乾燥した地帯へと広がりそこで灌漑というシステムを作り上げ割と短期間のうちにさらに大きな進化を遂げた。

中国がいち早く農業を取り入れ国家を築き始めた頃、日本はまだ縄文時代で採集生活を送っていた。これも日本列島という環境が生きていくのに好環境であったから。こういう状態が1万年以上続いた。

人間が賢くなって文明ができるというのは間違いで、集団が窮地に立ったとき何かしらの工夫が生まれそれが文明となったという捉え方の方がいいのかもしれない。

今の文明はほとんど「ヨーロッパ文明」に括られるのだろうが、この文明もギリシャ、ローマあるいはユダヤというピンホールを通してかつてのメソポタミア文明が投影されているのではないかという感想を持った。この本を読んだ限りではあながち方向違いの思い込みでもないように思う。

などなど、いろいろなことをこの本を通して思ったわけですが、この本ではタイトルのとおり「文明の黎明」を考察するとともに「暮れ方」にも触れているわけで、文明というのは高い目標に向かってリニアに突き進むものではなく、何かの理由によって突発的に勃興し、同時に全く同じ理由で衰退していくものなのだと言わんとしているようであります。