これから日本の衰退を眺めながらジジイになっていくのは決して愉快なものではない。

今から思えば、日本はバブルがはじけた1990年あたりからもう成長モードがオフになってしまっていたのだろう。当時そのことを自覚するものは誰一人いなかった。依然日本のものづくりは快調でそのうちまた以前のような快進撃が再開することを誰も疑わなかった。年々成長していくのが本来の姿だと我々は固く信じていた。

そうして何の自覚もないまま「失われた10年」が「失われた20年」へと延長されさらにデフレは深まるばかり。その間僕らは何をやっていたのだろう?経済のグローバル化、IT革命、MBA的経営手法、そしてインターネット社会の到来。今思い返しても何だか実につまらないことに地道をあげてきた感じがする。それらは蒔かれた種から実ったものではなく、どれも上から降ってきたものばかりだった。そういう脈絡のないものに踊らされて僕らはこの歳まで生きてきた。

2017年の今日本は未だにデフレから抜け出せていない。過去最高に豊かな社会に暮らしながら幸福だとは誰も言わない。モノづくりでは誰にも負けないという自負ももはや怪しくなってきた。日本が緩やかに衰退し始めたことはもう覆い隠せない事実だ。その事実を思い知ろう。このままいけば日本ってズブズブ沈んでいくだけだよねってことを自覚しよう。

昔日(せきじつ)を偲びながら老いさらばえていくのも哀愁が漂っていていいかもしれんが、今となっては全ての結果を生きた証として受け止め、今を肯定的に生きていくしかない。多少ジジイになったからといって世の中に貢献できないわけじゃない。本当の我々のあるべき姿を思い描きながら、今度こそ自分たちの手で種を蒔いていこう。今がその時だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です