人類文明の黎明と暮れ方

2018年11月6日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

青柳正規『人類文明の黎明と暮れ方』(講談社学術文庫,2018年)
関連科目:『哲学思想を今考える(’18)』など

前の学期で『哲学思想を今考える』を受講していた時、人間の歴史をものすごく引いてみた時どうなるかが気になって読み始めた本ですが、途中でしばらく放置状態になり、また最近になって読書再開してようやく読み終えたのでその記念に投稿します。

この本のオリジナルは「興亡の世界史」という21巻の全集物の一巻(タイトル同名)です。今年それを改めて加筆したものを文庫本化したのが本書です。

人間の文明のスタートは「4大文明」からとこれまで刷り込まれてきたわけですが、その認識はもう過去のもののようです。さらに言えば4大文明を強調するのはどうも日本だけらしい。

文明というものは好環境の下、悠久の時間を積み重ねて出来上がったものでもないらしい。メソポタミアあたりの一連の文明は最初山岳に近いあたりの気候的に好条件の環境から発生したらしいが、人口が増えるとともに南の乾燥した地帯へと広がりそこで灌漑というシステムを作り上げ割と短期間のうちにさらに大きな進化を遂げた。

中国がいち早く農業を取り入れ国家を築き始めた頃、日本はまだ縄文時代で採集生活を送っていた。これも日本列島という環境が生きていくのに好環境であったから。こういう状態が1万年以上続いた。

人間が賢くなって文明ができるというのは間違いで、集団が窮地に立ったとき何かしらの工夫が生まれそれが文明となったという捉え方の方がいいのかもしれない。

今の文明はほとんど「ヨーロッパ文明」に括られるのだろうが、この文明もギリシャ、ローマあるいはユダヤというピンホールを通してかつてのメソポタミア文明が投影されているのではないかという感想を持った。この本を読んだ限りではあながち方向違いの思い込みでもないように思う。

などなど、いろいろなことをこの本を通して思ったわけですが、この本ではタイトルのとおり「文明の黎明」を考察するとともに「暮れ方」にも触れているわけで、文明というのは高い目標に向かってリニアに突き進むものではなく、何かの理由によって突発的に勃興し、同時に全く同じ理由で衰退していくものなのだと言わんとしているようであります。

誰にもわかるハイデガー— 文学部唯野教授・最終講義

2018年9月24日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

筒井康隆『誰にもわかるハイデガー— 文学部唯野教授・最終講義』(河出書房新社,2018年)
関連科目:『哲学思想を今考える(’18)』など


前期で『哲学思想を今考える(’18)』を取りました。この科目の実に幅広い学習対象の中でハイデッガーは結構なボリュームを占めていたので、そこからこの20世紀を代表する哲学者の思想の輪郭を少しはイメージできた気がして、いずれは『存在と時間』を…とは思いつつなかなか手が出ません。その代わりと言ってはなんですが、表題の本を手にしてみました。内容はあまりにもわかりやすく誰でも理解できるものなので、あえてここでそれにふれるつもりはないですが、解説者の大澤真幸さんによると「専門家が一生かけても汲み尽くせぬ難解な書を驚くほどわかりやすく、正確に抽出」とまで書かれているので、買って読んでもまあ損はない本だと思います。講演を本にしたとても薄い本ですし。


この本で解説されていた基本用語でもここに挙げておきます。
第一講
被投、企投、開示、現存在(ダーザイン)、平均的日常性、道具的存在者、配慮的気遣い、世界内存在、事物的存在者、実存、本来性・非本来性、共存在(共現存在)、思慮的気遣い、世人、情状性、語り、頽落
第二講
空談、空文、好奇心、曖昧性、不安、恐れ、驚愕、戦慄、仰天、狼狽、未了、再極限の未了、先駆、先駆的了解、証し、良心、責めあり(責め)、先駆的決意性、時間性、到来、既在、現成化、瞬視、時熟、時間内存在


意味はわからなくとも念仏のように唱えているとこ利益があるかもしれません。


ところで、『哲学思想を今考える(’18)』の試験を受け、「これは○Aとれたな」という感触を抱いていたところ、なんとCという結果がかえって来ました(!)。上の用語でいうと、この場合「仰天」がこれに当てはまるようです。

HANNABACH Silver-Special Super High Tension

使用楽器ホセ・オリベ(1976)に張る弦の評価を行っています。今回はHANNABACHのClassic  Guitar Strings Silver-Special のSuper High Tension。

なにせスーパーハイテンションなので、十分それを意識して気張って弾くと、それは立派な音が出る。それは楽器が変わったのか?というほどの違い。セゴビアのような音を目指す人にはいい弦なのかもしれない。ただ曲というものは常にフォルテでガンガン鳴らし続けるものではないので、弱音の時の表現力というのも重要だと思うが、その辺の表現力を満たしているかというと、そうでもない。

評価(5点満点)

総合評価 4
音程 5
高音の伸び 4.5
音色 立派。
弾きやすさ 3。
耐久性 3。

 

『よくわかる化学基礎+化学』, Gakken, 2013


2018年5月11日「放送大学の本棚」への投稿

(以下)—————————————————–

よくわかる化学基礎+化学』, Gakken, 2013
関連科目:初歩からの化学

大学の化学となるといかに初歩とはいえ最初から量子力学がドカンとはいってくるわけで、それほど楽な科目ではありません。文系歴40年の身としてはつい気弱にもなり本屋の高校参考書などにふらっと立ち寄ったわけです。高校ともなればどの科目も分厚い参考書が立ち並んでいます。たった3年間でこんな分量を勉強する(べき)ことになっている事実に気が遠くなりそうです。今日日こう言った参考書のつくりはどの社も多色刷りで実にきらびやかな構成をほこっているわけですが、わたしとしてはこの節操もない色使いに目がチラチラしてきて心がおちつきません。と、そのなかに多色ながらも色使いに抑制がかけられ、これならば心静かに学習ができるのでは、と思わせてくれるものを発見しました。装丁もカバーを取るとシンプルで好感が持てます。
中を見ると「酸化還元」みたいなものはなんとなく見聞きしてきたものではありますが「ヘスの法則」「ヘンリーの法則」などこれまでの人生に一度も交差してこなかったような用語がいっぱい目に入ってきます。これでよく今日までやってこれたものだなと多少こころは痛みますが、いまからでもこういった未体験ゾーンに足を踏み入れられることは実に素敵なことだと思います。「ヘスの法則」も「ヘンリーの法則」も生計のたしになるものではないですが、今後の人生を豊かにはしてくれることでしょう。

Shooting an Elephant

George Orwell, “Modern Classics Shooting an Elephant“, Penguin Modern Classics ,2009

高橋さんが少し前にジョージ・オーウェルの「1984」を紹介されていましたが、そういえば高校の英語の教科書でこの作家の短いエッセイ ” Shooting an Elephant” を読んだことを思い出し、ネットで探して読んでみました(原文がただで公開されています)。お話自体はそう複雑ではないので、英語とはいえ辞書を引き引き最後まで読んでみました。

ビルマは1935年にイギリスのインド領の一部として併合されますが、オーウェルはこの頃このビルマで地方の警官をやっていて、その時直面した小さな事件をこのエッセイで語っています。ある日、象が発情して村で暴れているという通報を受けます。彼がライフルを持って現場に駆けつけると象は正気に戻り穏やかな状態で見つかります。やれやれ、と思って振り返ると2千人からの群衆がいて象が撃たれるのを今か今かと待っているのに気づくのでした…

と書いていくと長くなるのではしょりますが、結局オーウェル巡査は様々に錯綜した群衆心理に巻き込まれて結果的にその無害な象を自分の意思に反して撃ってしまうのです。その辺の細かい事情はぜひ原作を読んでください。(和訳もあります:「象を撃つ―オーウェル評論集〈1〉 (平凡社ライブラリー)1995/5」)

ここでオーウェルが暗に言いたかったことは、人はいかにして戦争に駆り立てられるかということではないかと思います。戦争の当事者同士は本当に戦争を起こすつもりはなくとも周りの状況が当事者を戦争に向かわせるという、そのメカニズムにオーウェルは自分の体験を通して気づいたのではないでしょうか。

さて、そうなるとこれは他人の話ではなくなります。現に北朝鮮はそういう状態にあるのではないでしょうか。今なおこのエッセイは色褪せずに警告を発しているのかもしれませんね。

(再掲:「放送大学の本棚」投稿記事)

時代の空気、つまりその時代を覆い尽くす雰囲気、多くの人が共有するような感覚、みたいなものは確かにある。

時代の空気、つまりその時代を覆い尽くす雰囲気、多くの人が共有するような感覚、みたいなものは確かにある。一度その時代の空気が生まれるとそれは容易にはかき消せない。一つの時代に複数の空気が混在することもまたあり得る。その場合にも決して別の空気同士は混じり合わない。これは暖気と寒気がぶつかり合ってそこに前線ができる気象現象のようなものかもしれない。

一つの時代が終わっても昔の空気がそのまま残っていることがある。私は敗戦の10年後に生まれたので戦争を体験したわけではないにもかかわらず、今から思えば子供の頃に吸っていたあの空気は幾分戦時中を思わせるものがあったように思う。

あの頃アメリカはまだどこか「敵国」のイメージがあった。アメリカは大きくて豊かな国ではあったが、当時の子供たちが親しみを持つような国ではなかった。それを象徴するように、当時大人気だったプロレスでは得体の知れないキャラクターとしてアメリカから悪役レスラーが続々やってきた。彼らはその頃の僕らの「敵」を代表していた。

まだ小学校に上がる前、「少年マガジン」「少年サンデー」が創刊された。そこに展開されていた様々な世界にも、結構戦争が大きな位置を占めていた。もちろん美しい祖国を守る情感溢れる日本人兵士たちと、血も涙もないであろうアメリカ兵との戦いが描かれていた。

雑誌の巻頭特集として、しばしば日本の戦艦や戦闘機が詳細な図解とスペックとともに続々掲載されていた。そこでは、日本軍が製造した数々の兵器について実に愛着を持って語られていたのを思い出す。子供たちは当然日本びいきになるわけだが、あの心持ちは多分戦時中のものとさして変わらなかったのではないかと思う。

あの頃の漫画にお国(ある集団)のために身を捧げることを美しいとする考えが少し入っていたような気もする。それはもはや子供にしつこく強要するような強度はなかったが、今思えばほんのりとそういう感じが漂っていた。あれは戦時中の戦意高揚モードの残り香ではなかったろうか?

小学校3、4年頃、ある日学校から帰ってきて何の気なしにテレビをつけると、何かのドラマをやっていた。全体の調子は暗く何だかリアルな感じがした。それは戦時中の話で、平凡な生活を送っていたある男が赤紙をもらい、周りの人々に送られ、出征していくという話だった。

思えば、あの頃こういう設定をモチーフにしたドラマはちょくちょく目にした記憶がある。戦後から十数年経った頃、まだ戦争の生々しい記憶があちこちに残っていたのだろう。

引き込まれるようにそういう体験を再現したドラマを視ていた。新兵が軍隊に入り、一年入隊が早いというだけで威張りちらすような奴に散々殴られる。軍隊ではそういうことがよしとされる。少しでも位の上の者に抵抗しようものならどんな恐ろしい仕打ちが待っているかわからない。映像はあくまで暗い。どんよりした嫌なムードが漂う。

子供ごごろにも、そういうドラマを見たあとは、ああ嫌なものを見てしまった、見るんじゃなかった、という気持ちになるくらい衝撃を受けた。多分ああいう放送は今の時代どんなに制作の粋を尽くしてももう表現できないのではなかろうか。これもその時代の空気がなさしめたものだろう。

そういうわけで、こう言いたい。戦争が終わって僕らは生まれた。けれど戦争が終わっても戦争の空気はしばらく漂っていた。そういう空気を吸って僕らは育った。だから僕らは自分たちを戦争を知らない子供たちということはできない。「戦争を知らない子供たちだ」とブリっ子で通すことはできない。

 

これから日本の衰退を眺めながらジジイになっていくのは決して愉快なものではない。

今から思えば、日本はバブルがはじけた1990年あたりからもう成長モードがオフになってしまっていたのだろう。当時そのことを自覚するものは誰一人いなかった。依然日本のものづくりは快調でそのうちまた以前のような快進撃が再開することを誰も疑わなかった。年々成長していくのが本来の姿だと我々は固く信じていた。

そうして何の自覚もないまま「失われた10年」が「失われた20年」へと延長されさらにデフレは深まるばかり。その間僕らは何をやっていたのだろう?経済のグローバル化、IT革命、MBA的経営手法、そしてインターネット社会の到来。今思い返しても何だか実につまらないことに地道をあげてきた感じがする。それらは蒔かれた種から実ったものではなく、どれも上から降ってきたものばかりだった。そういう脈絡のないものに踊らされて僕らはこの歳まで生きてきた。

2017年の今日本は未だにデフレから抜け出せていない。過去最高に豊かな社会に暮らしながら幸福だとは誰も言わない。モノづくりでは誰にも負けないという自負ももはや怪しくなってきた。日本が緩やかに衰退し始めたことはもう覆い隠せない事実だ。その事実を思い知ろう。このままいけば日本ってズブズブ沈んでいくだけだよねってことを自覚しよう。

昔日(せきじつ)を偲びながら老いさらばえていくのも哀愁が漂っていていいかもしれんが、今となっては全ての結果を生きた証として受け止め、今を肯定的に生きていくしかない。多少ジジイになったからといって世の中に貢献できないわけじゃない。本当の我々のあるべき姿を思い描きながら、今度こそ自分たちの手で種を蒔いていこう。今がその時だと思う。