カテゴリー
雑感

「私を離さないで」カズオ・イシグロ

一人の話者が淡々と現在に至る経緯を語る。それは話者に関わる人と人と間の機微の歴史で埋め尽くされている。一見それはどこにでもみられるような光景の連続であるようにも見える。しかし、その世界にはどこか違和感のようなものが終始つきまとう。話が進むにつれその違和感をもたらすものが姿を表してくる。読者がそれに気づいた時もう一度冒頭の部分を読み返すといい。この話者は最初から特殊な世界を語っていたのだとわかるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です